ホーム > アーカイブ > 2009年3月 のアーカイブ

2009年3月 のアーカイブ

戦略的基盤技術高度化支援事業 H20年度「第2回事業推進委員会」が開催されました

掲載日:2009年03月31日

3月26日(木)茅野市・マリオローヤル会館にて、今年で事業開始から2年目を迎えた経済産業省・戦略的基盤技術高度化支援事業(川下分野横断枠)採択「高機能アルミ材の鋳造-鍛造一貫製造システムの開発」の第2回事業推進委員会が開催されました。

委員会には関東経済産業局、事業管理者である(財)長野県テクノ財団、プロジェクト参加企業のほか、航空機産業、自動車産業、土木建築産業、バルブ等の各分野にて日本を代表するアドバイザー企業の皆様にご参加頂き、今年度活動計画の事業報告が行われました。

事業報告では、新材料の開発、鋳造、鍛造技術の向上等の主要項目において進捗が図られている事が報告され、アドバイザー企業の方からは本事業への大きな期待が寄せられました。

本事業は、来年H21年度が最終年度となり、川下ニーズの実現に向けて研究開発を完結する予定となっております。
今後の成果にご期待下さい。



H20年度「第2回事業推進委員会」

自然派ワインの巨匠 "マルセル ラピエール氏&フィリップ パカレ氏"来日記念 3月22日(日)に国内生産者との交流会とワインセミナーを開催(於 ホテル紅や)

掲載日:2009年03月23日

午後3時より『日仏自然派ワイン交流会』(野村ユニソン主催)と題し、長野・山梨・山形の3県から9名の国内生産者が参加され、両氏を囲みディスカッションが行われ、予定時間を延長するほど熱い議論が展開されました。
この模様はプレジデント社の雑誌"ダンチュウ"の取材陣が東京から駆けつけていただき、またテレビ局や新聞各社にも取材をいただきました。

ワインセミナー&パーティー(ホテル紅やと共催)では、約130名の参加者の皆様に両氏が醸造された自然派ワイン5種類を本人の解説のもとご賞味いただきました。
近代的な栽培や技術に囚われず、自然派としての古来の生産方式や哲学に対する熱い思いを語る両氏の夢の競演が実現されました。
また両氏が参加者のテーブルを回り記念撮影などを行い、最後にワインやホテル紅や利用券の抽選会も行われ盛大なパーティーとなりました。


日仏自然派ワイン交流会 No,1

関連記事:中日新聞3月23日
関連記事:長野日報3月23日
関連記事:信濃毎日新聞3月23日
関連記事:市民新聞 3月24日

マルセル ラピエール & フィリップ パカレ 来日記念パーティーのご案内

掲載日:2009年03月12日

今や自然派ブルゴーニュの代表的な存在といえるフィリップ パカレ
その叔父で、自然派の創世記を支えたともいえるマルセル ラピエール

ヴァンナチュールを代表する二人が、満を持して来日を果たします。

この来日を記念いたしまして野村ユニソンの地元 諏訪を皮切りに、
東京・大阪にてセミナーを開催いたします。皆様のご参加を心よりお待ちしております。

■マルセル ラピエールの生産者紹介はこちら
■フィリップ パカレの生産者紹介はこちら

諏訪会場
・日時:2009年3月22日(日) 19:00〜(18:30〜開場)
・開場:ホテル紅や 2F ルビーホール(諏訪市湖岸通り2-7-21)
・料金:7,000円
・お料理:着席 ビュッフェスタイル

東京・大阪会場のご案内はこちらをご覧下さい。


マルセル ラピエール & フィリップ パカレ 来日記念パーティーのご案内



マルセル ラピエール & フィリップ パカレ 来日記念パーティーのご案内




「第6回先進企業の経営戦略を学ぶ研究会」が開催されました

掲載日:2009年03月10日

3月10日(火)長野県テクノ財団 諏訪テクノレイクサイドセンターが主催する「先進企業の経営戦略を学ぶ研究会」の最終回が開催され、約30名の会員の皆様にご来社いただきました。
社長の野村が「産学連携技術開発と企業戦略」と題した講演をし、続いて開発技術本部副本部長の守屋より研究開発の取り組みについて事例発表の後、工場見学をしていただきました。
参加企業の皆様との情報交換も活発に行われ、今後の経営戦略向上に役立つ貴重な機会となりました。


「第6回先進企業の経営戦略を学ぶ研究会」が開催されました