ホーム > アーカイブ > 2010年3月 のアーカイブ

2010年3月 のアーカイブ

関東経済産業局様視察にご来社

掲載日:2010年03月29日

3月29日(月)地域経済部 吉澤部長様ほか皆様に本社工場をご視察頂きました。
社長野村から会社概要説明を行った後、FAシステム部門とものづくり塾をご視察頂きました。





「平成21年度アルミニウム鍛造賞」で技術賞を受賞

掲載日:2010年03月23日

3月15日(月)アルミニウム鍛造技術会が主催する「第18回アルミニウム鍛造賞」の表彰式が千代田区の日本大学駿河台校舎で行われ、㈱カネヒロ様、㈱本田技術研究所様と共同で取り組んだ「2輪車用ステアリングダンパーアルミニウム中空鍛造技術」が「技術賞」に選ばれ営業本部 次長の高橋が弊社を代表し受賞しました。
今後も、技術に磨きをかけ社会に貢献してまいる所存です。





「第8回SBC学校科学大賞」授賞式で記念講演とPBDRの実演で出演

掲載日:2010年03月16日

3月13日(土)長野市内で「第8回SBC学校科学大賞」授賞式が行われ、授賞式の後、PBDR(ダンスパートナーロボット)の実演(ダンサー:経営企画室清水)に続き開発・技術本部執行役員酒井が「ロボットの将来」をテーマに記念講演を行いました。受賞された学校の皆様おめでとうございました。
講演、実演を通じて将来を担う子供達が、科学への関心を持ち大きな夢を抱くきっかけとなれば幸いです。






駐日フランス大使ご夫妻歓迎レセプション

掲載日:2010年03月15日

3/11(木) ホテル犀北館(長野市)に於いて、長野日仏協会主催の『駐日フランス大使ご夫妻歓迎レセプション』が開催されました。
フランス(ロワール地方)でワイナリーを運営する弊社 野村社長と竹澤酒類販売本部本部長が参加してフィリップ・フォール大使ご夫妻と親しく懇談をさせて頂き、親交を深める事が出来ました。




長野県テクノ財団が主催する「技術シーズ育成事業」の研究成果報告会を開催

掲載日:2010年03月13日

3月12日(金)、研究テーマである「生分解性中空糸膜を用いた医療器具の研究開発」の報告会を開催しました。
本研究は、神戸大学と東京大学と弊社の3者で研究を分担・実施しています。
生分解性中空糸膜は生体内で分解吸収されるため、治療後に回収が不要であり細胞にやさしく、今後の応用が期待されています。
今回、生分解性材料の多孔質中空糸膜の開発に成功した神戸大学大学院松山秀人教授をお招きし、今までの医療器具への応用についての研究成果報告会を実施致しました。
今後、更に研究を進め商品化を目指してまいります。




3月3日(水)「経営セミナー」(第7講座)を開催

掲載日:2010年03月08日

長野県中小企業団体中央会が主催する「経営セミナー」が開催され21名の会員の方にご来社いただきました。
社長野村の「伝統技術に先端技術を融合させた新時代に対応した事業展開とものづくり」の講演に続き、会社概要の説明、本社工場・カーヴ ド ユニソン等の見学を行いました。
会員の皆様に弊社を知っていただく機会を頂戴し、御礼申し上げます。






セネシャリエールがフランスの国営テレビに紹介されました

掲載日:2010年03月05日

ドメーヌ・ドゥ・ラ・セネシャリエール(フランス)と栽培・醸造責任者 マルク・ペノー氏がパリの自然派ワイン聖地である ビストロ"ヴェール・ヴォレ" のオーナー シリルさんと共にフランス 国営テレビ"FRANCE 3"で2月26日紹介されました。
放映内容は本場 フランスでも無農薬の葡萄を自然に作り、ワイン造りにおいても化学的な物質や人間の介在を極力排除し、自然酵母のみで発酵をさせるという手法と自然派ワインが体に優しく、パリジェンヌの間でも非常に評価を高めているという内容を紹介したものです。詳しくはこちらを御覧下さい。



眠っている資産(古本)を活用し「社会貢献」

掲載日:2010年03月02日

3月1日、社会貢献活動の一環として、家庭や会社で不要となった「古本」を買取業者へ拠出し、買取額を長野県内のNPO法人へ寄付する活動をスタートした。
眠っている「古本」という忘れられがちな資産が有効に活用され、社員一人一人の社会貢献に対する意識高揚にも努めて参ります。



関連記事:信濃毎日新聞 3月2日