ホーム > アーカイブ > 2010年12月 のアーカイブ

2010年12月 のアーカイブ

シンジケーション方式コミットメントラインの組成を発表

掲載日:2010年12月23日

平成22年12月20日、三井住友銀行、商工組合中央金庫、八十二銀行を主幹事とし、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、長野銀行、諏訪信用金庫、長野県信用組合の8行と総額51億円のコミットメントラインを締結いたしました。
これにより流動性補完を確保することができ、より機動的かつ安定的な資金調達が可能となりますので、従来からの太陽光発電装置関連、HV(ハイブリッド車)関連、原子力関連、ロボット関連、医療機器関連等にくわえて、EV(電気自動車)関連、航空宇宙関連等の新分野にも積極的に参入し業容拡大を進めてまいります。
平成18年に契約締結以降6回目、契約期間は1年間となります。


関連記事:日本経済新聞:12月23日

関連記事:信濃毎日新聞:12月23日

関連記事:長野日報:12月23日

関連記事:市民新聞:12月28日

NEDO採択の助成事業の推進会議を開催

掲載日:2010年12月01日

11月29日(月)東京大学大学院医学系研究科、高戸教授と星特任准教授をお招きして、NEDOの次世代機能代替技術の研究開発プロジェクト(事業期間:5年)に採択された、「生体内で自律的に成熟する臓器再生デバイスのための基盤研究開発および実用化研究開発」の研究開発推進会議を開催しました。
 当プロジェクトにおける実施内容は、「高齢者に多い変形性関節症の治療を目的とした軟骨を増殖させる再生デバイスの開発と安全な治療法を確立」する事です。
基盤研究開発にて基礎研究を、実用化研究開発にて事業化への足固めを行います。



参考:プレスリリース

長野技能五輪・アビリンピックわざまる県内横断PRキャラバンへ参加

掲載日:2010年12月01日

11月26日(金)、"わざまる県内横断キャラバン"が諏訪市長を諏訪市役所に表敬訪問しました。
弊社ものづくり塾の小口勝也選手(機械組立て職種)も諏訪地域の選手の一員として参加し、本年の技能五輪神奈川大会への出場結果報告をしました。
山田諏訪市長様から2012年の長野大会へ向けた激励を受け、参加選手は長野大会へ向けた決意を発表しました。最後は山田市長様から記念品の贈呈を受け記念撮影を行いました。
2年後に迫った地元開催へ向け、弊社もより一層の努力と協力を行って参ります。




フェスティヴァンに参加しました

掲載日:2010年12月01日

11月21日(土)東京・恵比寿のEBIS303にて、自然派のワインを愛するレストラン約15店舗が主催した、第一回「フェスティヴァン」に他のインポーターと共に出展致しました。
当日は、昼・夜の二部構成で、およそ1,000人のファンが集まり、夜遅くまで、自然派のワインを楽しみました。




自然なワインのフェスティバル「FESTIVIN」
http://www.festivin.com/