ホーム > アーカイブ > 2013年4月 のアーカイブ

2013年4月 のアーカイブ

東日本大震災復興支援義援金を寄付

掲載日:2013年04月23日

昨年11月に販売させて頂いた「東日本大震災義援金付き」のボジョレー・ヌーボーの収益の一部に
会社からの支援分を加えた100万円を、本年3月末に「いわての学び希望基金(※)」に寄付させて頂き、
この度岩手県知事様より礼状を頂戴致しました。

2011年から続けております取り組みで今回が2回目となる昨年はフランスより15,000本を輸入、
復興支援に協力的な生産者からのエール「がんばれ日本!」をラベルに入れて販売させて頂きました。

趣旨にご賛同頂きお買い上げ頂きました皆様に改めて御礼申し上げます。

(※)津波により親を失ったり、親が仕事を失い厳しい経済状況に置かれた子どもたちが自らの希望に沿った学校を卒業し、社会人として独り立ちするまで、息の長い支援を行なう事を目的に岩手県が設置した基金です

義援金付きボジョレー・ヌーヴォーを手にする本部長 竹澤(右)と、礼状を手にする副本部長 宮阪(左)(写真提供:長野日報社)
義援金付きボジョレー・ヌーヴォーを手にする本部長 竹澤(右)と、礼状を手にする副本部長 宮阪(左)
(写真提供:長野日報社)

関連記事:
長野日報(2013年4月23日)

新入社員の仮配属辞令交付式を行いました

掲載日:2013年04月22日

4月19日(金)、入社から約3週間に亘る研修を終えた14名の新入社員に、
仮配属辞令の交付を行いました。

ナンシン機工社長竹澤から「研修で学んだ事がたくさんあるが、仮配属先で
実際に仕事に携わり行動するときに体験したことが活かせるようになる。
勇気を持って取り組んで欲しい、たくましく育つ事を期待している」と
激励がありました。

新入社員は、厳しい経済状況を理解しつつ期待を胸に各職場に向かいました。

社長竹澤より激励

三色花桃の季節です

掲載日:2013年04月19日

野村ユニソン本社工場裏に咲く桜が4月12日時点満開でとても綺麗です。
また同じ場所の「三色花桃」が今年もGW前には見ごろを迎え、皆様には
見事な花桃を楽しんで頂けるものと存じます。

11日には積雪もありましたが、今年は例年より早く開花しそうな勢いです。

・4月19日(金)
開花が一気に進みました。
本日は気温がぐっと下がりましたが、今週末から来週にかけて満開となりそうです。
是非ご覧ください。

・4月17日(木)
一部で開花しましたが、まだまだ蕾が多いです。
咲いた花はとても可憐です。

・4月12日(金)
昨年より13日も早く、蕾が膨らみ一部では花びらが顔を出しました。
開花もまもなくではないでしょうか。

4月19日 一気に開花が進みました

地域美化運動に参加

掲載日:2013年04月15日

4月14日(日)、本年度1回目の「茅野市上川アダプトプログラム」及び
「春季市内クリーンウォーク」が行われ、野村ユニソングループ社員約
80名が参加し、地域貢献に汗を流しました。

上川右岸の通称通勤バイパスの土手捨てられた多くのゴミを拾い、
可燃物20キロ、不燃物10キロなどが集まりました。

毎回活動をするたび新しいゴミが出る現実を目の当たりにし、
一人一人が地域環境を守ろうと意識を更に高めました。

地域美化運動に参加

フィリップ・パカレ・セミナー各地で開催!

掲載日:2013年04月05日

来日中のブルゴーニュの自然派ワインの旗手、フィリップ・パカレ氏による
試飲セミナーを実施し、去る3月30日は東京・T.K.P銀座ビジネスセンターで、
一般ワイン愛好家の方々約100名、4月2日は、名古屋・アイリス愛知で
酒販店や業務店の方々を対象に約140名のご参加を頂き、大盛況の内に終
了致しました。ご参加頂きました皆様に改めて御礼申し上げます。

講演を行うフィリップ・パカレ氏

平成25年野村ユニソングループ入社式を開催

掲載日:2013年04月01日

4月1日(月)11時00分から14名の新入社員を迎え入社式を行ないました。
社長野村から『昨年12月の総選挙後、大きな転換期を迎えている日本経
済ですが、中小企業は大変厳しい経営環境が続いています。

一昨年の東日本大震災で大きな被害を受けた東北地方では入社を取り消しに
なった人も沢山います。このような状況下、皆さんが予定通りに入社でき、
「いつもの様に生活できること」「昨日のように今日も会社に行って働ける
こと」等「いつもの様に」出来る事が、どんなに幸せなことか・有り難いこ
とかを皆さんに認識してもらいたいと強く感じています。

困難があっても全社一丸となり知恵を出し努力すれば、発展の「道は必ず拓け
る」と確信しています。人の和、チームワークを大切に、明るく、楽しく、
一生懸命に仕事に取り組んで下さい』と祝辞がありました。

続いてナンシン機工㈱社長竹澤、労働組合執行委員長からの祝辞があり、
その後新入社員を代表し丸山礼人さんが今後の抱負を逞しく述べました。
最後に社長野村から1人1人に社章及び記念品を授与し、新人全員から
自己紹介と力強い決意が述べられ明日からの飛躍を誓い終了しました。

14名の新入社員

~震災復興を願い~ 「フィリップ・パカレ ワインセミナー」盛大に開催

掲載日:2013年04月01日

3月29日(金)ホテル紅やにて、
ソムリエの皆様を含む約110名のお客様をお迎えし盛大に開催されました。

冒頭、社長野村が2011年3月に予定していた本セミナーが直前に発生した
東日本大震災の影響で中止になったこと、また当時フィリップ・パカレ氏は、
本国からの避難勧告を受けフランスへ帰国せざるえを得なかったため、
少しでも被災地の皆様へ元気を与えることが出来ればと、2年続けてボジョレー
ヌーボーの復興ラベルの企画に協力いただき、同氏や全国の販売店、
ワイン愛好家のご厚意として義援金を岩手県の『いわての学び希望基金』へ
昨年に続き、本年も謹呈することを報告し挨拶を行いました。

セミナーでは、今や自然派ワインの巨匠としてその地位を確立している同氏の
ワイン造りの哲学について、「葡萄についた自然酵母のみを用いて発酵させる」、
「亜硫酸等の酸化防止剤は、醸造が終了するまで使わない」、
「農薬や除草剤は畑に生きる自然酵母を殺してしまうため使わない」、
「完熟した健全な果実のみを収穫し仕込む」等の生の声を聞きながら、
世界中のファンを虜にしているワインをお客様にご堪能いただきました。

「自然派ワインの巨匠」フィリップ・パカレ氏(中央)

関連記事:
長野日報(2013年3月30日)