野村ユニソングループ 年頭訓示

掲載日:2017年01月06日

1月5日(木)、野村ユニソングループ始業式を開催いたしました。

社長野村より、逆風は止まり戦略的アクションをとる時が来た。今まで取り組んできた新規事業も大きな期待が出来る状況にある。今こそ常識を覆す大きなイノベーションを起こさなければならない、そのための投資や人材育成を積極的に進めるとの決意表明がありました。

また、今年のスローガンは「挑戦から新たな『カタチ』の創造へ」。競争力や技術力をブラッシュアップし、顧客との更なる信頼関係を構築し期待にお応えしたい。酉年は、周囲との調和を大切に全てのことに当たることで新しい風が吹く年と言われている。まさに全社が一丸となり、結果に結び付られる1年にしたいと訓示がありました。

ナンシン機工の社長竹澤は、米国新大統領就任後の世界市場の先行き不透明感に触れながらも、我々はやるべきことをしっかりと認識し実践していくのみ、計画した目標の完遂に向け邁進して行こう。また、今年2月に完成予定の展示場を兼ねたナンシン機工ANNEX館について、顧客へ更なる情報を発信するための新たな拠点としての活用が紹介されました。

本年も引き続き地域の皆様と共に発展を目指して参りますので、宜しくお願い申し上げます。




※関連記事:信濃毎日新聞(2017年01月06日付け)



※関連記事:長野日報(2017年01月06日付け)
ホーム