野村ユニソングループ 年頭訓示

掲載日:2018年01月05日

1月5日(金)、野村ユニソングループ始業式を開催いたしました。
社長野村より、昨年からスタートした中期経営計画ですが良いスタートが出来ている。今後更に高い目標達成に向けてチャレンジをしなければならない。そのために将来に向けた事業基盤をしっかりと構築していく必要がある。戦略的な投資を行ない技術の高度化、生産性の向上を図り、労働環境を整備していきたい。挑戦する意欲と人の和を全ての行動の基本とし、困難もチームとして解決していこう。
新事業分野「野村メディカルデバイス」も順調にスタートした。世の中の役に立てる事が実現できれば我々のビジネスチャンスも更に増えるので必ず成功させたい。

世間では性能データ改ざん、無資格検査問題があったが中小企業が同じ事をすれば一挙に信用を失い会社の存亡に直結する問題である。規定・基準をしっかり守り、コンプライアンスに反する行為を絶対にしてはならないと皆さんと誓いたい。
昨年末には経済産業省から地域未来牽引企業に認定され地域の牽引役として期待されている。しっかりと役割を果たし地域にも更に貢献していきたい。
内外に懸念はあるが一方で大変大きな可能性もある時代を迎えている、我々はこの可能性に積極果敢に挑戦し力強く今年を歩んでいこうと訓示がありました。

ナンシン機工の社長竹澤は、社員一人一人が昨年を振り返るとともに今年の目標を立て実践し、更に高い目標達成に向け頑張って欲しいと激励しました。

本年も引き続き地域の皆様と共に発展を目指して参りますので、宜しくお願い申し上げます。



関連記事:長野日報2018年01月05日


関連記事:信濃毎日新聞 2018年01月05日


ホーム