PCR装置基幹技術を獲得

掲載日:2020年10月23日

この度、野村メディカルデバイス株式会社(野村ユニソン株式会社子会社/2017年創業)は信州大学医学部との共同開発研究にて”PCR装置基幹技術獲得”に至り、10月23日(金)長野県庁にて、 ご支援を賜りました長野県、長野県テクノ財団信州医療機器事業化開発センター、信州大学医学部との共同発表会見を行ないました。

本技術開発は同社が2018年に信州大学附属病院・前病院長の本田孝行教授、及び信州大学医学部保健学科松田和之教授から開発テーマとして「小型PCR検査機開発」を推奨していただいた事に端を発し、 2019年より信州医療機器事業化開発センターの全面支援を受けながら進めて参りました。

商品展開については、2021年頭に発表を予定しております。なお、量産に当たっては、県内製造業の強みである精密加工部品、小型光学部品を積極活用する所存です。

当社は「ニーズに真摯に向き合う」ことをモットーに、市場要求や法規制等に適合した最先端の医療機器を今後も提供し、すべての人の健康に一層貢献して参ります。

共同発表会見(長野県庁)

※関連記事:信濃毎日新聞 2020年10月24日付け


※関連記事:長野日報 2020年10月24日付け


※関連記事:日本経済新聞 2020年10月24日付け


ホーム