ピッキング&プレイス工程を自動化

生産性の向上 自動車

工場自動化とは「ファクトリーオートメーション」とも呼ばれ、世界中の生産工場で導入が進んでいます。ファクトリーオートメーションのことを「FA」と略すこともあります。
今までのライン作業は単調な作業であっても人が行う場合はミスが起きやすかったり、時間がかかるなどの問題がありました。そこで工場の自動化を導入することで、それらの問題が解決できるようになったのです。

工場の生産工程では、検品や検査など、今までは人間の目で行っていた工程も、検査装置の進化と緻密で繊細な作業をこなすことができる装置やロボット技術の進歩により完全自動化が可能となりました。また、重い材料を運ぶなどといったことも、これまでは人間の体力勝負でしたが、機械により自動に運ぶことも可能となっています。

野村ユニソンではこうした工場自動化(FA)の導入、各種工程の省力化を実現するための様々なソリューションを提供しています。
ここに紹介する事例は、弊社開発の「ピッキング&プレイス」工程を自動化できるユニットモジュールです。
当社の高度な製造・加工技術により高剛性、高精度な稼働を実現します。また、軽量のためロボットハンドのオーバーハング量とロボット負荷を低減させることができます。

00_C05_D_NRJ3-2_04
装置用途:ピッキングおよびプレイス
ご提案する当社製品:NRJ3-2、NRJ3-4

【主な仕様】

■NRJ3-2 回路数 2回路
接続口径 M3×P0.5
外観特性-高さ(厚さ)寸法 20.5mm(59%減) 
質量 ※( )内は他社比 120g(25%減)
機能多様性-シャフトの中空化 中空穴サイズ:φ14mm
   
■NRJ3-4 回路数 4回路
接続口径 M3×P0.5
外観特性-高さ(厚さ)寸法 26.0mm(63%減)
質量 ※( )内は他社比 150g(62%減)
機能多様性-シャフトの中空化 中空穴サイズ:φ14mm
   

※NRJ3-2およびNRJ3-4の詳細はWebカタログ「RJカタログ」のP8(2ポート・4ポートロータリージョイント使用例)をご覧ください。

 

導入事例

CONTACT自動化・省力化装置の
ご相談はこちら

お電話でのお問い合わせ

0266-72-7122

受付時間 9:00〜12:00 または 13:00〜17:00

Page Top